介護用品は通販で購入するのがラク

介護用品というのは、紙おむつにしても尿取りパットにしても、重いものが多いと思いませんか。ドラッグストアやホームセンターに売っていたとしても、近くでないと買い物をした後に運ぶのが大変です。安売りの時などは、頑張って買いに行きますが、そうでなければ通販で購入したほうがずっとラクです。通販で購入すれば、重い介護用品でも、玄関まで届けてくれるので非常にラクです。通販だと送料が気になるところですが、一定金額以上の買い物をすれば、送料無料になるところが多いのでおすすめです。もう少なくなっているのに買い忘れたという時も、通販で注文すればすぐに届けてくれるので安心です。最近は、重いものは、もっぱら通販を利用しています。家に車があればもっと買い物もラクなのでしょうが、家に自家用車もないうちのような家庭では、通信販売が介護用品を買う時にかなり役立ちます。

介護用品を選んでいます

今年、トイレの失敗が続く父を見て、思い切って介護保険でポータブルトイレを申請しようという話になりました。それまでにも母に打診していたのですが、まだいらないと言うのでそのままにしていたところ、立て続けに部屋に放尿し、これではダメだと思った母から手続きをしてほしいと言ってきました。介護保険が適用になると1割負担で済むので、4万円以上もするポータブルトイレを4000円ちょっとで購入でき、助かりました。けれど、ポータブルトイレをマッサージ機だと思っている父は、あちこち動かそうとするので、中に水を入れておくことはできません。そこで、持ち株会社の株主優待で介護用品をくれるところから、ポータブルトイレ用の吸水パックや、尿漏れパンツなどをもらっています。今のうちにせっせとためておき、寝たきりの介護になったときの、排泄関連の負担を和らげたいと思っているのでした。

介護用品のマークを貯めてキャッシュバック

最近、今頃になって気がついたことなのですが、特定の介護用品にポイントマークが付いているものがあります。そのポイントマークを集めて事務局に送ると、ギフト賞品がもらえるというものです。介護用品というのは高いものが多いですから、ギフト賞品がもらえるのなら、もらっておいたほうがお得です。これまでずいぶん買ってきたのに、つい先日気がついたばかりです。父にも、ポイントマークがあるから外袋は取っておいてほしいと言ってあるのですが、そういうのが嫌いなのか取っておいてくれません。外袋くらい取っておいてくれてもいいのにと思います。男の人というのはそういうことを面倒だと思うのでしょうか。紙おむつにしてもかなり使って来たのに、ちゃんと集めていれば、今頃かなりの賞品をもらうことができていたらろうと思います。私だけでも貯める努力をしようと思います。